P-house / Pハウス

house / 2016

エントランスを荒々しい躯体をそのまま表しラフな印象にすることで、外部のアプローチと外部のテラスに挟まれた
独立住宅のようなマンションのリノベーション。
既存躯体の荒々しさをなるべく活かして、ありのままの姿を見せることと、新しく手を加える箇所のコントラストを
強調した。それにより、これまで存在してきたモノと、新たにつくられるモノ、どちらも互いに魅力的に見えるような
リノベーションを目指した。

Principal use : residence
Building site : Tokyo
Construction : A&C
Completion : 2016
Photo : Kenta Hasegawa | OFP