Active Material / アクティブ・マテリアル

multipurpose furniture / 2019

<アクティブ・マテリアル>とは、空間自体には手を加えることなく、多様な人が出会い、学び、協働が推進される
空間を創るために開発した「素材以上、家具未満」のアイテム。
様々な組み合わせによって無機的な空間に彩りを与えつつ、使い方が発見されていくことを目指した。

●使用イメージ映像は以下のyoutubeよりご覧いただけます
ショートバージョン(1分)
ロングバージョン(2分)

用途 : 多目的家具
所在地 : 東京都品川区
ディレクション : POINT 長岡勉
デザイン・制作 : POINT 長岡勉、camp 大原温
製作 : 桑原哲平、POINT 嶋川萌
製作補助 : 冨永野乃花、早川聖奈
映像制作 : 古屋和臣、齋藤彰英、神瑞希
クライアント : 慶應義塾大学SFC研究所 みらいのまちをつくる・ラボ 宮垣元研究室
製作年 : 2019年
写真 : 古屋和臣